高層マンション

売却ポイント

簡素な住宅

マンションや一戸建てなどの不動産を売却する場合には、ゆとりを持ったスケジュールで確かな業者を活用するのがポイントである。また物件の種類によっても相場が異なるので、事前に不動産業者に査定を依頼するべきであろう。特に中古マンションの場合には、築年数によって新築よりも2割から5割程度安くなるのが平均的である。しかし人気物件の場合には、売るときに高く評価されるので、中古であっても新築に近い価格で売却することも可能である。また転勤などで緊急に売りたいときには、不動産業者の買取サービスの利用が必要であり、物件によっては1000万円以下になるであろう。しかし相続税の納税で一棟丸ごと売る場合には、数億円規模の価格が一般的であろう。

手持ちの物件を売るためには、サポート体制の充実した不動産会社をフルに活用するべきである。特に最近では全国各地から買い手を見つけることができるので、店舗網の多い業者のサービスが便利であろう。また高値で売るためには、じっくりと時間をかけて買い手を探すのが基本である。そのために転勤が決まった時には、できるだけ早めに売却のための計画を立てるべきであり、不動産の一括査定を利用するべきであろう。一括査定の条件を比べることで、営業力のある確かな不動産業者を見つけられるであろう。特に物件のタイプと立地条件に合わせて最適な売却プランを提案する業者であれば、値下げをしなくても良い買い手を比較的短い間に見つけてくれるであろう。